華山派のライブイベントでは基本的にはTDAルールに沿ってゲームを進行しますが、華山派ライブイベントにおけるハウスルールや、店舗・団体等により異なるルールのためわかりにくいと思われる項目に関して記載しております。是非ご一読の上、ご参加ください。


A. ゲームのスタート、レイトレジストレーション等の処置

  1. 基本的に開始時刻の時点でプレイヤーが3名以上いる場合ゲームスタートします。(運営スタッフも参加する場合があります。)
  2. レイトレジストレーションの場合はエントリー順に参加となり、カットオフに着席することになります。
  3. リバイの場合はシートに変更はありませんが、リエントリの場合は上記2が適用される場合があります。
  4. 所持チップを放棄してリエントリすることは可能です。

 

B. アクション等に関するルール

  1. デッドハンドのタイミング
    • プリフロップでUTGがアクションを開始した時点でイスに手が届く範囲にいなければデッドハンドとなります。
  2. ハンドのショーダウン
    • オールインの場合、リバーのアクション終了までフォールドしなかったプレイヤーはハンドを公開しなければなりません。
    • ハンドのショーダウンの順番はリバーアグレッサーファーストを採用しています。
  3. 順番を間違ったアクション
    • 順番を間違ったプレイヤーのアクションは、順番を飛ばされたプレイヤーがベットかレイズを行った場合にのみ当該アクションを変更することができます。
  4. 無言で投入されたチップ
    • 発声なしに場に出したチップが1枚の場合にはコール扱いとし、異なる額面の複数枚の場合、レイズ額に不足している場合でもミニマムレイズ額(最小上乗せ額)の50%を満たしていればミニマムレイズとなります。
    • 場にチップが出ている状態で無言で異なる額面のチップを投入する場合、その後の場のチップの合計がレイズ額以上の場合レイズ扱いし、不足している場合でも上記と同じくミニマムレイズ額の50%を満たしていればミニマムレイズとなります。
  5. 携帯電話等の使用については通話はテーブルを離れてお願いいたします。その他の使用はゲーム進行に支障があると判断された場合のみ注意されます。
  6. 上記の行動は注意の対象となり、繰り返し行われる場合にはペナルティが与えられる場合があります。

 

C. テーブルバランス(テーブル数増減の場合のプレイヤーの移動)

  1. テーブル数が増える場合、
    • 新規プレイヤーにシートカードを配布した後、全てのアクション終了後タイマーを停止させ、ネクストBBから右回りに必要人数分、ランダムにシートカードを配布し移動となります。新規テーブルにてボタン決めの後、タイマーを再び動かします。
  2. テーブル数が減る場合、
    1. ファイナルテーブルとなる場合、
      全テーブルのアクションが終了後、速やかにタイマーを停止し、ボタンを動かした後、アクションが後となったテーブルのネクストSBからシーティングカードを配布し移動となります。ファイナルテーブルでボタンを決めた後にタイマーをスタートします。
    2. ファイナルテーブルとならない場合は、
      タイマーは停止せず、ブレークするテーブルのアクション終了後、ボタンを動かし、ネクストSBからランダムにシーティングカードを配布し、速やかに移動となります。

 

D. チップ整理

  1. $25チップはチップレース、$100以上は切り上げとします。